読者からの相談で度々、

 

 

「確実に儲かる方法はありませんか?」

 

 

という類の質問を受けます。

 

 

僕はこの質問には必ずとっておきの返しをしています。

 

 

 

 

 

 

「バイトするのが一番ですね^^」

 

 

これ、冗談でも何でもなく本当です。

 

 

 

 

 

だって、せどりなんて正直、不確実性の連続じゃないですか。

 

 

Amazonはいつ真贋知財がきても不思議じゃないし

 

 

メルカリはある日突然のBAN

 

 

ヤフオクだって通報の連続を食らったりするわけです。

 

 

 

 

 

 

そもそもせどりはおろか、

 

 

起業ビジネスすべてにおいて確実なんてものはありません。

 

 

不確実だけれどリターンの優位性のあるものに賭ける。

 

 

それがビジネスの本質なんです。

 

【奥さんの将来は確実ですか】

FX自動売買プログラムなんかのセールストークでよくありますよね。

 

 

「勝率99%の高勝率ツール!儲かって儲かってしょうがない♪」

 

 

まあ今更こんなもんに引っかかる人もいないと思うんですが、

 

 

これ、必ず「爆死」します。

 

 

 

 

 

 

 

単に逆行しても負けを認めずに、

 

 

勝つまでナンピンするだけなので、

 

 

資金が耐えられないほど逆行したら、ハイそれまでよ。

 

 

不確実な世界に確実を求めること自体間違っているのです。

 

【ビジネスとはリターンの優位性のあるものに賭けること】

物販においてもそうなんですが、

 

 

仕入れでハズレを引かないこととか土台無理な話なんですよ。

 

 

 

 

 

 

どうしても一定数は売れ残るし

 

 

見込みがハズれて不良在庫化する

 

 

でも、それでいいんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

たとえばミスドとかなら「閉店廃棄率」というものがあります。

 

 

閉店時にある程度在庫がないと

 

 

閉店ギリギリに飛び込むお客に売るものがなくなってしまう。

 

 

 

 

 

 

だからある程度廃棄するのはお店にとって必要なんです。

 

 

同じように、

 

 

物販で不良在庫や赤字商品を

 

 

100%なくそうとするとかえって利益が下がります。

 

 

 

 

 

もちろん赤字や不良在庫を減らすことは大事だけれど、

 

 

確実になくすことはできないんです。

 

 

 

 

 

ビジネスとは、不確実だけれどリターンの優位性のあるものに賭けること

 

 

それがイヤなら

 

 

「バイトしたほうが確実ですよ♪^^」

 

 

と、なるわけですね。