僕の元にはひんぱんにいろいろな儲け話が入ってきます。

 

 

僕はちびっとだけ紹介力がありますので

 

 

それを当て込んで、

 

 

「この話を紹介してくれませんか?」

 

 

という依頼が来るわけです。

 

 

 

 

 

 

「有料で広告出して」の依頼から「こんな投資話があるんだけど」など

 

 

その種類は様々ですが、そのたびに

 

 

「お金の匂いを嗅ぎ分ける能力」

 

 

が試されます。

 

 

 

 

 

 

お金の匂いをかぐ能力は奥が深くてとても一言では説明できないんですが、

 

 

はっきりそうだと分かることが一つだけあります。

 

 

 

 

 

「自分の優位性はどこにあるか」

 

 

この一点です。

 

【奥さん、匂いをかいでもいいですか】

たとえば投資話だとしましょう。

 

 

 

仮想通貨のアービトラージで

儲かるこんな仕組みがあります!

 

一口1000円からでもOKです!

 

やれば誰でも自動で確実に儲かります!

 

 

 

もうこれを聞いた瞬間、ああダメだなって思いますね。

 

 

 

 

 

儲かるという本質は「競争」にあります。

 

 

誰かに「勝った時だけ」儲かるんです。

 

 

 

 

なので、誰でも儲かるという

 

言葉自体が本質と真逆だし

 

 

その競争において僕の優位性がどこにもなければ

 

そもそも儲かるわけがない。

 

 

 

 

 

 

たとえば僕が資産を1億持っているから

 

優位に立てて儲かるとか

 

 

ライバルを出し抜く裁量が必要で

 

その技術の駆使で稼げるとか

 

 

 

 

 

 

 

それらが一切なく、

 

 

僕だけの優位性がなければそもそも儲かるわけがないんです。

 

 

よってそういうお話にはお金の匂いが全くしません。

 

【長い目で見ればそれが絶対的な真理】

僕はいただくお話のうち実に「99%」はお断りをしています。

 

 

だからこそ僕の言葉は重いし、僕の紹介には価値が出ます。

 

 

 

 

 

 

この人はおかしな案件を紹介しない

 

だからこのヒトの情報なら信じて聞いてみよう。

 

 

そう読者様に思っていただくこそが僕にとっての最大の財産です。

 

 

 

 

 

 

 

 

だから儲け話を安易に紹介することもないし、

 

 

紹介するにしても、

 

じっくり匂いをかぎ分けてから慎重に紹介するわけです。

 

 

 

 

 

 

自分で企画をつくるときなんかは特に最大級の注意を払いますしね。

 

 

お金の匂いをかぎわけられなければ自分も他人も不幸になる。

 

 

長い目で見ればそれが絶対的な真理だと思うんです。