僕は家族との旅行やお出かけは最優先、

 

 

自分のチームでの交流は次点として

 

 

それぞれ積極的に計画するのですが、

 

 

同業者とのお付き合いや懇親会にはほとんど出席しなくなりました。

 

 

 

 

 

 

理由はただひとつ。

 

 

ビジネスにおける人脈作りってほとんど意味をなさないからです。

 

 

 

 

これは自分が実力がついてくると

 

 

分かることなんですが、

 

 

懇親会やセミナーで積極的に顔を売り込みするよりも、

 

 

誰もが認める実績を出したほうがよほどアピール効果が高いんです。

 

 

 

 

 

 

なので、

 

 

人脈作りにかける時間があるなら

 

 

一人で仕事に没頭したほうが

 

 

結果的に優良な人脈を作れるんです。

 

【奥さん、アピールがすぎますよ】

僕も情報発信の駆け出しのころは

 

 

それこそ毎週のように

 

 

勉強会・懇親会に出ていました。

 

 

 

 

それが本当に大切なことだと勝手に信じていましたので。

 

 

まあおかげでそこそこ

 

 

名前を知られる存在にはなったのですが、

 

 

 

 

 

ある日そのスクールで

 

 

暴言騒ぎを起こして拡散してしまい、

 

 

誰もまともに相手してくれなくなったんですよね。

 

 

 

 

 

そこからほとんど他の発信者とお付き合いしなくなりました。

 

 

 

 

孤独に黙々と努力をしていたわけですが、

 

 

次第に僕が売れるようになってくると

 

 

見られる目線が変わるようになり、

 

 

 

 

 

どんどん仲間も増えて本当に助け合える人脈ができていきました。

 

 

 

 

今ではありがたいことに

 

 

相手の方からいろいろな案件に

 

 

お誘いいただけるようになり、

 

 

人脈を作るのに困らなくなりました。

【人脈作りはやめて旅行に行ったほうが有益】

ビジネスにおける人脈は確かに大切です。

 

 

最新の情報や、上流の手法は人脈によって得られることが多い。

 

 

 

 

 

でも、その人脈は「作る」ものではなく

 

 

自分の実力によって「作られる」ものです。

 

 

そもそも実力のある方は実力のある人しか相手にしません。

 

 

 

 

 

 

ビジネスの人脈は相互利益という絶対条件があり、

 

 

そこに適わない相手はどんなに懇親会で顔をつないでも自然と離れていくものです。

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、

 

 

仲良し友達ではありませんので。

 

 

それが分かったら、

 

 

人脈作りなどというムダなことはやめて

 

 

家族と旅行に行ったほうがよほど有益だと思うのです。