最近よくマケプレ真贋や商標権侵害の相談を受けるのですが、

 

 

上手く切り抜けたあとに気になる傾向があります。

 

 

 

 

 

 

それは、

 

 

警告を受けたあとに売上利益が減っていくパターンが多い

 

 

ということです。

 

 

 

 

 

 

そもそもAmazonセラー口座が閉鎖されると何が怖いかというと、

 

 

売上や利益が上がらなくなって稼げなくなることでしょう?

 

 

 

 

 

それが警告や停止で萎縮してしまって利益が減ってしまったら

 

 

アカウント閉鎖を回避しても意味がない。

 

 

 

 

 

Amazonのアカウントは難しくてももう一度取り直したりして

 

 

売上を取り戻せますが、

 

 

恐怖に萎縮したマインドはカンタンには元に戻らないんです。

 

【奥さん、そんなに怖がらないで】

Amazonに限らず、

 

 

アカウントの複垢や閉鎖に関する質問は

 

 

とにかくよく受けます。

 

 

 

 

 

 

楽天の複垢がどうの

 

 

ヤフショのクーポンのIPがどうの

 

 

ひかりの食品おじさんがどうの

 

 

極端に言えば、複垢は「全部ダメ」です。

 

 

 

 

ダメなものを僕に聞いたところで

 

 

なんの保険にもなりません。

 

 

 

 

 

 

 

今日まで大丈夫な手法でも

 

 

今後突然ダメになることだって

 

 

いくらでもあるんです。

 

 

 

 

 

責任を持って自分でやってみる。

 

 

 

ダメだったらダメだったでまた新しく作り直す工夫をする。

 

 

その繰り返しで「稼ぐメンタル」が強化されていきます

 

【萎縮して稼げなくなること】

自慢じゃないですが僕はよくアカウントを壊しています。

 

 

Amazonのセラーアカウントこそ閉鎖は食らっていませんが、

 

 

停止や警告は何度も経験しました。

 

 

 

 

 

次オイタしたらお前本当に凍結するからな、と複数回怒られたし。

 

 

セブンネットやあみあみヨドバシカメラ、ビック、ひかり

 

 

他もろもろあれこれ・・・

 

 

とにかく何度も退会させられています。

 

 

 

 

 

 

というか、稼いでいる転売屋さんで

 

 

アカウント凍結を経験したことない人

 

 

なんていませんからね?

 

 

 

 

 

ギリギリまで攻め込めば当然アカウントリスクは高くなるし、

 

 

逆にそこまで踏み込まなきゃ利益を出し続けるのは難しい。

 

 

 

 

 

 

アカウントを大切にするあまり、

 

 

利益を減らしているようでは転売屋としては3流なんです。

 

 

 

 

 

もちろんできるだけアカウントを大切にするのは当然ですが、

 

 

壊したアカウントの数は転売屋としての勲章の数でもあるのです。

 

 

 

 

 

アカウント閉鎖よりも恐ろしいことは

 

 

萎縮して稼げなくなること

 

 

あなたもそう、思いませんか?