昨日、読者さんからあるクレームを受けました。

 

 

 

 

「ラー油さんはFX自動売買を絶対やるなとよく言いますが、

 

最新のEAの情報もロクに知らずに一方的にやめろと言うことこそやめていただきたいです。

 

この最新のEAはどうのこうので今までの物とは違いうんぬん(以下意味不明のため割愛)」

 

 

 

 

 

なんかよくわかりませんが

 

 

一方的にLINEで長文メッセージをじゃんじゃん送りつけてきましたので、

 

 

たったひと言だけ送り返したんです。

 

 

 

 

「それで、そのFX自動売買でどれぐらい負けたんですか?」

 

 

 

 

そうしたらパタっとメッセージが止まり、

 

 

返事がいっこうに戻ってきません。

 

 

 

 

 

 

 

どうやらブロックされたっぽいです。

 

 

そんなに不安で仕方ないなら今すぐEAなんてやめればいいのにね。

 

 

 

 

自分の携わるビジネスを客観的に観られないなら、

 

 

そんなビジネスは今すぐにロスカットすべきです。

 

【奥さん、僕はもうロスカットですか】

たとえばあなたが

 

 

「楽天で1万円で仕入れてAmazonで2万円で売れそうな商品」

 

 

を見つけたとします。

 

 

 

 

思わずウキウキでポチるわけですが

 

 

実際に手元に商品が来てみるともう15000円に値下がりしている。

 

 

 

 

あわててFBAに納品したら、

 

 

もう1万円まで戻っていて

 

 

このままじゃ手数料送料分赤字。。。

 

 

 

 

 

 

 

こんなとき、あなたならどうしますか?

 

 

値上がりを待ってなんとなく放置してみますか?

 

 

焦って何がなんでもさっさと値下げして処分しますか?

 

 

 

 

 

 

 

実はどちらも「不正解」。

 

 

 

 

仕入れる前の段階で

 

 

「値下がりしたらどうするか」

 

 

ということを決めておかないから、

 

 

値下がりしてあたふたするのです。

 

 

値下がりはどこまで耐えるのか。

 

 

寝かすとしたらいつまで寝かすのか。

 

 

 

 

入り口の段階で出口を決めておくのが正しい物販の流れであり、

 

 

入り口だけしか考えない仕入れは単なる運任せのバクチなのです。

 

【ゴミビジネスは今すぐロスカット】

トレードでも、ビジネスでも何事においてもそうなのですが、

 

 

儲かりたいということを夢見てビジネスを始める人は多いけど

 

 

どうなったらやめるかという出口を考える人はほとんどいません。

 

 

 

 

どれだけの利益が出たら融資や増資を行うのか

 

 

どれだけの損失が出たら縮小や撤退を行うのか。

 

 

 

 

最初のきっかけがなんとなく、で始めるのは仕方がないことです。

 

 

 

 

でもそれはビジネスではない。

 

 

 

 

起業ビジネスで継続的に稼いでいこうと思うなら、

 

 

入り口に入る前に出口を決めなければなりません。

 

 

少なくとも冒頭の読者のように、

 

 

FX自動売買でさんざん損失してから僕に八つ当たりしている

 

 

そんなザマではダメなんです。

 

 

 

 

そんなゴミビジネスは今すぐロスカット

 

 

それができないなら人生ごとダメにすることになりますよ。