せどりはカンタンに稼げるって

 

 

誰かのメルマガで見たのに

 

 

実際にやってみたら勉強することも多いし

 

 

全然カンタンに稼げない。

 

 

 

 

 

 

もっとラクにたくさん稼ぎたいんですけど。

 

 

読者さんから、そんなことを言われることがあります。

 

 

 

 

ひとこと。

 

 

 

 

プロ意識をなめすぎでしょ。

 

 

 

 

お金をもらうってそれってプロってことですよね?

 

 

 

 

コンビニのバイトにだってありがとうございましたと

 

 

言われなきゃムカつくでしょう?

 

 

 

 

ちゃんと仕事しろよと。

 

 

 

 

それが自分のことになると突然見えなくなってしまう。

 

 

 

 

コンビニのバイトよりもはるかに高いレベルが要求される

起業ビジネスにおいて、

 

 

 

勉強もせずに稼ぎたいとか、ほとんどギャグレベルの話です。

 

 

 

 

 

 

ビジネスでライバルと競い合って

 

 

利益を奪い合っているという

 

 

根本的な思考がないんでしょう。

 

【奥さん、ラクして稼ぎたいでしょう?】

少し古い話ですが、

 

 

松山ケンイチが映画の役作りのために26kg激太りしたのを知っていますか?

 

 

 

 

 

もともと太りにくい体質のマツケンは胃薬を飲みながら

 

 

スナック菓子と炭酸飲料を短期間に大量に摂取し続け、

 

 

一気に体重を26キロ増加させました。

 

 

 

 

 

そして撮影が終わったあと、

 

 

一気に筋トレと(小雪の)食事制限で元の-26kgまで減量。

 

 

映画の舞台挨拶では完全に元に戻った姿を見せていました。

 

 

 

 

ものすごいプロ役者根性。

 

 

ダイエットができなくて悩むとかお笑いレベルの話なわけです。

 

【起業ビジネスで稼げる人なんてほんの一握りだけ】

お金をいただくということ。

 

 

さらに、お金をもらい続けるというのはプロのなせる業です。

 

 

 

 

 

カンタンに勉強もせずに

 

 

努力もなしで

 

 

プロの業を習得しようなんざ

 

 

おやじギャグにもなりません。

 

 

 

 

 

 

儲ける、稼ぐということの本質が

 

 

ライバルとの競争に勝った時にもらえるものならば、

 

 

よりラクに、カンタンになればなるほどあなたがもらえる利益は小さくなります。

 

 

 

 

 

 

そんなものは初心者の参入を許し、利益が小さくなってしまうからです。

 

 

 

 

より難しく

 

 

より学習が必要で

 

 

より努力を要するからこそ

 

 

利益が持続的に得られるわけで、

 

 

それができる人を「プロ」と呼びます。

 

 

 

 

 

 

それが分からないのならバイトでもしたほうがよっぽど稼げることでしょう。

 

 

実際、バイトの時給以上に起業ビジネスで稼げる人なんてほんの一握りだけなのだから。