先日、僕の知人に

 

 

「FXやトレードで継続して稼ぎ続けるってまずできないよね」

 

 

っていう話をしていたら、

 

 

 

「でもプロップファームって今けっこうあるよね?」

 

 

ということを言われたんですよ。

 

 

 

 

 

プロップファームとは、

 

 

資金を広く集めて運用するファンドなんかとは違って、

 

 

自社の資金のみで運用する企業投資家のことです。

 

 

 

 

 

 

つまり、運用益しか収入源がない。

 

 

「トレードのプロ中のプロ」

 

 

と言えるでしょう。

 

 

 

 

で、そういうのがあるということをもって

 

 

「あなたも継続して勝てます♪」

 

 

ということをセールスするコンサルやスクールがあるようなんです。

 

 

 

 

 

 

そら、プロはどこにでもいるでしょう。

 

 

プロ野球選手だって

 

 

プロボクサーだって

 

 

なんなら宝くじの1等当選者でもいい。

 

 

 

 

 

 

世の中にそういう極めて稀な人が

 

 

実際にいるからと言って、

 

 

自分もそうなれるかと言ったらまずなれないでしょう?

 

 

 

 

 

 

大切なのは

 

 

稀な成功例があるかどうか、ではなく

 

 

「あなたでも実現できるかどうか」

 

 

であるはずです。

 

 

 

 

 

成功した人のマネをしても決して稼げるわけではないんです。

 

【奥さん今から僕のマネをしてください】

たとえばフィギュアスケートを例にとってみましょうか。

 

 

フィギュアのフリープログラムの演技時間は「2分40秒」だそうです。

 

 

 

 

 

ということは、

 

 

羽生結弦選手のたった2分40秒をあなたがコピーできれば、

 

 

あなたはすぐに金メダルで国民栄誉賞で億万長者ですよ!^^

 

 

 

これがいかにバカなことを言っているか分かるでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

羽生選手に限らず、

 

 

全てのプロアスリートは

 

 

そのきわめて短い時間のために驚くほど長くの練習と努力を

 

 

費やしてきているわけです。

 

 

 

それも、物心のつかないような小さいころからずっとです。

 

 

 

 

 

たった数ヶ月や数年も努力が続かないような副業屋とは

 

そもそも住んでいる世界が違うのです。

 

【大切なのは自分ができることをマネて考えること】

プロップファームやプロアスリートのように、一握りの成功者は確かに存在する。

 

 

しかしそれをもってあなたが再現できる理由にはならない。

 

 

 

 

 

プロにはそれを裏打ちする努力と時間が積み上がっており、

 

 

もし仮にそれを再現したとしても

 

 

現実には成功者の数百倍、数千倍の敗退者が存在しているのです。

 

 

 

 

 

成功者の成功例だけを夢見てマネをしても、

 

 

せいぜい敗退者が一人増えるのが関の山でしょう。

 

 

 

本当に大切なのは成功した例をマネることではなく、

 

プロの努力と時間をマネて自分ができることを考えること。

 

 

成功者の成功している姿など、

 

 

本人にとってもほんの短い時間の副賞にすぎないのだから。