イチロー選手の引退会見をリアルタイムで見ていたわけですが、

 

 

やっぱり彼、本当にいいですよね。

 

 

 

 

それはイチロー選手が

 

 

すごい実績を持っているから、

 

 

という目線もあるだろうけれど

 

 

決してそれだけではない。

 

 

 

 

彼の生きざまそのものが言葉のひとつひとつに現れており、

人に感動を与えてくれるわけです。

 

 

 

 

 

そんな中、

 

 

イチロー選手の小学校6年生のときの

 

 

作文が話題になっていたので、あなたにも紹介させてください。

 

 

僕は、本気でしびれました。

 

【小学校6年生のイチロー少年の作文】

『ぼくの夢』      6年2組 鈴木一郎

ぼくの夢は一流のプロ野球選手になることです。

そのためには、中学高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。

 

活躍できるためには練習が必要です。

ぼくは、3歳のときから練習を始めています。

3歳から7歳までは半年くらいやっていましたが

3年生の時から今では、365日中360日は激しい練習をやってます。

 

だから1週間中で友達と遊べる時間は、5~6時間です。

そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手になれると思います。

 

そして中学、高校と活躍して、高校を卒業してからプロに入団するつもりです。

そしてその球団は、中日ドラゴンズか西武ライオンズです。

ドラフト入団で契約金は1億円以上が目標です。

 

ぼくが自信があるのは投手か打撃です。

去年の夏、ぼくたちは全国大会に行きました。

そして、ほとんどの投手を見てきましたが、

自分が大会NO1選手と確信でき、

打撃では県大会4試合のうちホームラン3本を打ちました。

 

そして、全体を通した打率は5割8分3厘でした。

このように自分でも納得のいく成績でした。

そしてぼくたちは、1年間負け知らずで野球が出来ました。

だからこの調子でこれからも頑張ります。

 

そしてぼくが一流の選手になったら、

お世話になった人に招待状を配って応援してもらうのも「夢」のひとつです

とにかく1番大きな夢は、プロ野球選手になることです。

 

イメージに向かって一直線に進む

イチロー選手は小学校6年生にして

 

 

自分がなんのために生きているのか

 

 

将来どうなっているのか

 

 

全て目標が具体化・数値化されており

 

 

イメージが明確になっているわけです。

 

 

 

 

 

そして彼はその「作文どおり」の、

 

 

いや、それ以上の夢を叶えました。

 

 

 

イチロー選手の作文を読んで、

 

 

改めて自己イメージの大切さを

 

 

思い知らされたわけです。

 

 

 

 

 

いったい自分は何を

 

 

どのように

 

 

どうやって成し遂げようとしているのか。

 

 

 

 

売上や利益について

 

 

業種や将来について

 

 

本当に明確なイメージを持っているだろうか

 

 

 

一日一日に意味を持たせ

 

 

イメージに向かって一直線に進む。

 

 

小学6年生のイチロー少年と

 

 

夢を実現したイチロー選手に

 

 

僕は深くしびれて止まないのです。