Blazing Proxyの契約が終わったら、初期設定をしていきましょう。

Blazing Proxyにログインして、Dashbord→IPv4 Proxies→Proxy Dashbordを確認します。

こんな感じで、現在契約中のプロキシが見られます。

右側のAuthorized IPsを見て下さい。

ここにどのIPからプロキシを経由するか設定します。

VPSなら、ブラウザから「IPアドレス検索」で生IPアドレスをコピーし、Authorized IPsのIP空欄にペーストしてください。Add IPで追加できます。なお、実際に使用できるようになるまで30分程度かかるので注意しましょう。

あとは契約したプロキシIPと、ポートを「123.456.789.00:9999」の形でパトリオンに貼り付ければプロキシを刺しながらの監視が可能です。

分からないことがあったらご相談くださいね。