米国のサービスですが、プロキシの利用は【Blazing Proxy】を使うのがオススメです。

米国だけでなく、日本のプロキシも使うことができ価格もリーズナブルです。

以下、手順を説明いたします。

 

1.まずこちらのリンクからサイトに入って下さい。そこから「GET BLAZING PROXIES」をクリック。

2.Select countryで「Japan」を選んで下さい(初期は米国)。

リサーチャーUS用に使用する場合は「USA」を選択してください。

3.Starter→START Nowをクリックします

使用料金は月間1プロキシにつき1.2ドル。5本から5本単位で注文できますので、最低6ドルからの契約になります。

リサーチャーUS用の米プロキシの場合、0.8ドル。最低5本の注文なので最低4ドルからの契約になります。

 

5.各種選択

 

PACKAGE TYPE

「iPV4」を選びます。ipv6は日本国内からは契約できません。

あなたの家のPCから繋ぐ場合で、かつ回線がIPV6の場合はこちらのサイトでipv4回線のipアドレスを確認してください。

今後プロキシ経由のipアドレス設定などは、すべてこのipv4のアドレスを使用します。

 

PROXY TYPE

「SEMI-DEDICATED」を選択。

 

SELECT LOCATION

「JAPAN」を選択(USAをレンタルする場合でも

 

NUMBER OF PROXIES

5本単位で、欲しい分だけ入力

 

SUBSCRIPTION PERIOD

お試しなら「1MONTH」で。ずっと続けるなら「12MONTH」で使いましょう

 

Account information

名前と住所を入力していきます

 

Payment Type

「Pay With Credit Card」を選択

 

全て記入したら、右側の「BUY NOW」から決済してください。

以上で契約は終了です。

メールアドレス宛に決済完了の案内が届きますのでお待ち下さい。

 

6.パトリオン・リサーチャーUSでプロキシを使ってみよう

 

Blazing Proxyの契約が終わったら、初期設定をしていきましょう。

Blazing Proxyにログインして、Dashbord→IPv4 Proxies→Proxy Dashbordを確認します。

こんな感じで、現在契約中のプロキシが見られます。

右側のAuthorized IPsを見て下さい。

ここにどのIPからプロキシを経由するか設定します。

VPSなら、ブラウザから「IPアドレス検索」で生IPアドレスをコピーし、Authorized IPsのIP空欄にペーストしてください。Add IPで追加できます。なお、実際に使用できるようになるまで30分程度かかるので注意しましょう。

あとは契約したプロキシIPと、ポートを「123.456.789.00:9999」の形でパトリオンに貼り付ければプロキシを刺しながらの監視が可能です。

リサーチャーUSの場合には、ツール内のIP欄とポート欄に入力してみてください。

分からないことがあったらご相談くださいね。