先日お仕事をしながらYoutubeを流しっぱにしていたんですが

 

 

 

とある情報発信者の方がこんなことを言っていました。

 

 

 

 

「とにかく情報を無料で手に入れようという無料マインドをやめろ!

 

 

本当に儲かる情報は無料では教えてもらえないし、

 

 

 

無料と有料では情報の価値に差があるのは当然!

 

 

まずはお金を出して自己投資するべきだ!」

 

 

 

 

 

これを聞いてすっごーーーーーくイヤな気持ちになりました。

 

 

 

 

この発信者自身の売りたい売りたいが見えて透けて

 

すごくやらしいなーと。

 

 

 

 

 

 

 

読者が本当にほしいと思えばお金も自然と投資するだろうし、

 

なにをそれを上から目線で説教してるのか謎です。

 

 

 

 

 

結局、儲かる儲からないは有料・無料によるのではなく、

 

 

見る側の情報の受け取り方がもっとも重要なことでしょう?

 

【奥さん、本当にほしいですか】

読者だってバカじゃないんだから

 

 

最後には何かを売り込まれることぐらい

 

百も承知なわけですよ。

 

 

 

 

ナンパされる女性だって

 

男が頭の中で何を考えているかぐらいお見通しなわけです。

 

 

 

 

 

 

それでもウンと言ってもらえるかどうかは

 

男の側の声のかけ方と女性の受け取り方次第でしょう?

 

 

 

 

それをウンと言ってくれないから怒りだして説教するとか

 

どんだけみっともないのよっていう。

 

 

 

 

そんなことを動画で話して恥ずかしいと思わないのが不思議です。

 

【発信者としてのお仕事とは?】

人でもモノでも情報でもなんでもそうですけれど、

 

 

何かの良さしっかりと魅力的に語り

 

相手がそれをほしいと思えば結果は自然とついてくるものです。

 

 

 

 

 

その情報を無料ならほしがるというのはそれぐらいしか価値のないものであり、

 

それは読者のせいでもなんでもなく発信者のせいです。

 

 

 

 

 

そもそも、情報そのものよりもコミュニティやサービス自体に

 

価値があることがほとんどなのに

 

 

 

それを有料無料で情報の出し惜しみを

 

していること自体レベルが知れる。

 

 

 

無料マインドは当たり前。

 

人間としてそれのどこが悪い。

 

 

 

 

 

 

無料と有料ならそりゃ無料がいいに決まってるやん。

 

 

 

それでもほしい、ウンと読者に言っていただくのが

 

発信者としてのお仕事でしょう?

 

 

 

朝からそんなことを思うのでした。