メーカー問屋仕入れを導入しようと思った方なら

 

 

誰しもが体験することなのですが

 

 

「リサーチが大変で時間がかかる」

 

 

というひとことに尽きます。

 

 

 

 

 

 

まず、取引をしてくれるメーカーを探すのに時間がかかり、

 

 

その中で利益の出る商品をリサーチをするのに時間がかかる。

 

 

 

 

 

 

 

はっきり言ってこれ、

 

 

サハラ砂漠で10円玉を見つけるようなとんでもない労力が必要です(汗)

 

 

これを手動でやろうというのはほとんど暴挙に近いでしょう。

 

 

 

 

 

しかも恐ろしいことに、

 

 

メーカー問屋仕入れをするより

 

楽天やヤフショでポイント還元をしてもらったほうが

 

よっぽど安く買えてしまう

 

 

 

 

そういう残酷な現実があるのです。

 

【奥さん、手動でもいいですか?】

メーカー問屋と小売りのもっとも違うところは、

 

 

買い手によって価格が大きく変わるということです。

 

 

 

 

 

僕が長い間お世話になっているおもちゃ問屋があるんですが、

 

 

そこは僕が毎月100万円単位で買い続けているからこそ、

 

 

特別に優遇してもらえます。

 

 

 

 

 

掛け率・価格を下げてくれたり

 

 

品薄商品を融通してくれたり

 

 

担当さんに業界情報をもらえることもあります。

 

 

 

 

 

だから小さな個人が

 

 

少量を問屋に発注するぐらいなら、

 

 

 

大規模店にポイントを付けたほうが安く買えてしまうのです。

 

【問屋仕入れがアカウントを守る防御の一つ】

じゃあメーカー問屋とか面倒だし、楽天ヤフショでいいじゃん!

 

 

と思ったかもしれないんですが、それは違います。

 

 

 

 

 

 

米Amazonは売れるときの風速は日本Amazonの比ではありません。

 

 

大量仕入れ・大量販売の流れをしっかり作っていくためにも、

 

 

いつ品切れするかわからない小売店だけに頼れません。

 

 

 

 

 

そして何よりAmazonによる真贋知財調査の問題もあり、

 

 

メーカー問屋仕入れができる、

 

 

という事実がアカウントを守る防御の一つになります。

 

 

 

 

特にこれから参入するような新規セラーにとっては、

 

 

特に重要な盾と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

たとえリサーチが大変でも

 

 

小売店のほうが安く買えても

 

 

米Amazon輸出を今からやるのであれば、

 

 

必ず手掛ける必要があるのがメーカー問屋仕入れです。

 

 

 

 

 

 

ではその大変なメーカー問屋仕入れをどうやって効率化させていくか

 

 

それは、別の機会でお話しいたします。