昨日、ある発信者からの相談で

 

 

「こんな商材を売ってみようと思うんだけど、キャッチコピーを考えてほしい」

 

 

って言われたんですよね。

 

 

 

 

 

それで、その商材のセールスレターを見てみたんですが・・・

 

 

・・・なんだかよく分からない(汗)

 

 

 

 

 

 

どうも稼ぐ・モテるを同時に実現するという手法のようなんですが

 

 

どうしてその2つがリンクするのかは伝わってこない。

 

 

 

 

 

なんか細かい字でたくさん説明がされているけれど、

 

 

 

 

とてもじゃないけど面倒くさくて読む気がしない。

 

 

 

 

 

 

だから僕は言ったんですよ。

 

 

「これぞという1本の芯がないと人にはメッセージが伝わらない。

 

たぶんこの商材は売れない」と。

 

 

 

 

そう。アフィリエイトでも物販でもこれ!という芯がないものは

 

 

結果を出すのが難しいんです。

 

【奥さん、未だにモテたいんですか?】

イナカの方(失礼)に行くと、店の半分が八百屋でスイカを売りつつ、

 

 

残り半分が電気屋でTV売ってる

 

 

 

みたいな謎のお店があるじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

他にも、なんとかドライブイン

 

 

~寿司・ラーメン・うなぎ・そば

 

 

うわーまずそう>< みたいな店とか。

 

 

 

 

 

 

何でもあるというのが

 

 

アピールポイントになるどころか

 

 

 

 

 

 

逆に、何でも中途半端に感じさせるし、

 

 

実際そうであることがほとんどです。

 

 

コレ!という一本の芯がなければ

 

 

プロの仕事をすることはそもそも難しいんです。

 

【「収益の柱」となり得る一本の芯を作る】

物販でも全く同じで、

 

 

稼ぐプレイヤーはやっぱりコレ!という芯を持っています。

 

 

 

 

 

 

例えば僕は「ドールの輸出屋」というビジネスの芯があり、

 

 

 

長年の顧客の囲い込みがあり、ショップや問屋の繋がりがあります。

 

 

 

 

嵐のCDの縦積みのプロがいる。

 

たったこれ1商品だけで数百万円を稼いでしまう。

 

 

 

 

輸入コスメのプロがいる自分で成分表を貼る資格を持ち、

 

有利に仕入れられるルートを独占し、初心者の参入を排除してしまう。

 

 

 

 

 

 

何でも屋のせどりや

 

なんちゃって転売をやるのは

 

あくまで副業の入り口までの話であり、

 

それをどう突き抜けた物販に育て上げていくのか。

 

 

 

 

 

 

 

稼ぐ・モテるの教材が同時に実現できなさそうであるように

 

 

あれもこれもやるせどりは

 

 

まともな稼ぎを生むことができません。

 

 

 

 

 

 

 

稼ぎたければ「収益の柱」となり得る一本の芯を作ること。

 

 

その芯が完成するまでは余計なことに手出ししないこと。

 

 

先日の嵐のCD発売日には特にそのことを感じるのです。